堅実な利用のため、借金返済のための目安

キャッシングベスト3

堅実に利用するために知りたい、借金返済のための目安!

借金というのは、どういうものなのでしょうか。一般的には避けるべき危険な物というイメージが強いですが、借金のおかげで危機を脱出できた、チャンスをものにできたという話もよく聞かれます。いったいどちらが借金の実像に近いのでしょう?

借金についての意見はいろいろあるでしょうが、要は「自分の使い方によりけり」だと言えるでしょうか。つまり借金自体は絶対悪でもなければ、絶対の正解にもなりえないということです。それを上手に使えば資金を回すテクニックになりえますが、失敗すると自分の首が締まることになるでしょう。

問題は、借金はアリかナシかという単純な話ではなく、どうやって堅実に付き合うかということが重要になるわけです。では借金と堅実に付き合うためには、どういう条件が必要になってくるのでしょうか。

借入額や金利など多くの条件が関わってくる問題ですが、今回は「借入期間」というものを考えましょう。借入期間が長いか短いかという点は重要です。なぜなら、借入期間が長ければ嫌でも利子がたくさんかかってくるため、負担の重さにダイレクトに関わってくるからです。

また、あまりに長期間にわたる借金は人を精神的に疲労させます。高額の借金を背負い、それを長期間かけて返していくというプランもよくありますが、それは長期間にわたって「返せなくなったらどうしよう……」という心配を背負い続けなくてはならない方法なのです。期間が長くなればなるほど不測の事態というものも増えるでしょうし、そのたびに借金返済のことが頭をよぎってヒヤリとしなくてはならない。この状態が健全とは言いがたいものがあります。

では、堅実に借金と付き合うためには、どれくらいの返済期間が目安となるのでしょうか。これは本人の経済状況や性格にもよりますから一概に言うのは難しいものの、長くてもだいたい半年から一年以内というものを一つの目安にするとよいでしょう。

その理由ですが、やはり長期間の借入によって累計でかかる利子の合計を思えば、それくらいでいったん精算できたほうがお得だからです。だらだらと返済期間が延びると、気付かない間にけっこうな額の利子を支払うことになっていることも多いのです。

また、現在は収入があるといっても、将来のことはわかりませんよね。先のことになればなるほど、未来の見通しは不透明になっていきます。個人でも何となく予想がつく直近の未来といえば、やはり半年から一年程度というのが妥当な線です。それを超えるとアテが外れる可能性が高く、借金が返済できるかどうかが運任せになる可能性も高くなるのです。

借金に振り回されるのではなく、うまく使いこなしたいと思うのであれば、借入期間の長さにはご注意ください。一つの目安として、長くても半年から一年以内に返済できる計画の借金しかしないというのがベターです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【即日融資】知らなきゃ損するスピード審査のおすすめ厳選TOP3 All Rights Reserved.